A59翻刻
1/44

二月廿九日雨一今暁六時勝山出立、何茂大手御門外江見送、無足人共新町迄見送、金田市郎衛門・田中彦九郎・景山権左衛門町はつれ迄見送、南又左久世迄見送申候一坪井江着前、助七江案内使遣、あノ方ゟも町はつれへ使出一陣屋江立寄、早速盃出、硯ふた出としやう吸物さゝかしこほうかさ飯平皿ふすくちよくひたし物さんセう手塩かうの物□ 復々休候而出立、此節雨止、町はつれ迄助七見送、其後又々雨降、津山江罷越候而天気晴、暮六半時勝間田六郎右衛門江止宿夕飯ゑひ坪皿ふすく平皿とうふ汁な焼物一塩ほらほし大こん

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です