A59翻刻
27/44

縄張有之候、三味セんなと引候得ハ御祈祷之障ニ成候由一自江戸廿二日之状来、山脇医参ニ付、有馬止候而同人療治請候段至極尤候由、腹之療治請候様可致、様子次第我等ハ先江帰り、源吾登り候様ニも工面可申旨申来一勝山江状仕出、平右衛門江渡、江戸ゟ申来候趣も申遣廿九日雨一今朝両人山脇江参、煎湯弐貼ツヽ、丸薬一貼ツヽ遣一松前屋千蔵来一勝山江こり油紙包仕出、江戸江書状仕出一昼過いつミや庄兵衛・丈右衛門、江戸江下り候とて立寄候、暫対談申候、惣右衛門江状・こんふうす雪・もつく二袋頼遣、木曽路ヲ下り候由

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です