A59翻刻
28/44

一江戸江別ニ状大坂江今晩遣、今日両人江対談之義并昨晩着候答遣晦日晴陰丸薬一貼・煎薬二貼ツヽ調合有之一今朝山脇江我等罷越致面談候、おりゆは此以後持薬ニ而も可相済、お鏛虫ノ下りもはや宜候ハヽ、跡ノ療治四五日も様子見不申候而ハ薬ノ差引も候間、持薬等之義も致かたく、何とそ十日頃迄逗留ハ成申間敷哉、扨又相談いたし候様申候一両人ハ平右衛門同道ニ而公家衆参内拝見ニ罷出一平右衛門明日加茂江可罷越申候ニ付、松下丹波守江手紙并由緒之訳書付認、封候而平右衛門江渡一松前屋千蔵、今朝在所江参候由ニ而参候

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です