A59翻刻
33/44

五日晴陰夕方雨一今朝道作江両人連候而罷越、弥十日比出立之義申候得ハ、夫迄ニハ随分可宜旨申候、薬例之通遣一今朝岡田団助江手紙遣、うす雪こんふ・まつかう一箱、たはこ入二ツ遣、暇乞申遣一両日中出立之由、おゆせ江うす雪こんふ・まつかう一袋ツヽ、たはこ入一ツ、おりゆゟたはこ入・やうじ指遣、先達而之返事遣一勝山江状仕出、新蔵江返事遣一お鏛事、今朝山脇ゟ罷帰候途中ニ而積差起、致難義漸罷帰候而夫ゟ致熟睡候而快容事不替給而早速快候、道作夕方見廻様子見候処、弥々相替事無之、天気合当りと申候一甲子ニ付、今夕てんかく拵給候、あんま取呼もまセ候六日雨一今朝薬取ニ遣、例之通調合お鏛芝居江参度旨、雨天ニも候へハ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です