A59翻刻
38/44

九日雨一今朝道作江暇乞旁三人共ニ参、薬法書付遣、おしやう粉薬三十包遣候一八時過三郎右衛門旅宿江罷越、礼・暇乞申達、暫対話罷帰、小池平内参対談、三郎右衛門ゟ酒進有之候一ひしや江銀弐両、世話いたし候為礼遣一平右衛門江肴代金二百疋遣一あんま江銀弐匁六分遣十日晴一九時分京都出立、高瀬舟ニ而伏見江下ル、平右衛門父子見立ニ参、平右衛門伏見迄見送、船江肴・酒入候而昼飯も支度いたし持参、船中ニ而吸物・肴色々出

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です