A60翻刻
22/102

夕飯出、おきせも被参相伴、八時過罷帰晦日小雨一今晩仕廻、差込仕出有之、惣右衛門江答遣一源吾同役之事、且右ニ付五郎右引取之事、且又津山ゟ申来候大橋十大夫末子養子相談之事申遣一五郎右江引取之手段申遣一いつミヤ伝右衛門江去冬遣候たはこ之残リ去冬三斤遣、残五斤之内比度二三斤も此飛脚ニ遣候様ニ一松前ヤ江両度之答遣、諸かゝ表上下紋所間違承知、間ニ合セ可申旨承知候段、来月中ニ出来候得ハ宜敷候旨申遣奥平右衛門江悔状遣一塚谷屋・野田屋初雛ニ付、巻煎餅二重ツヽ両方ゟ遣一津山江飛脚遣節句祝、小板かまほこ二十・煎餅一籠遣一筑摩支配方相願候付、源吾・唐兵衛、小役人支配申渡有之

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です