A60翻刻
41/102

右着服之事勝手江被為入候節、妻御目見源吾妻子・五郎右衛門衣御目通江罷出候事右内伺、先格之通被仰出一江戸御便有之○ 挙母ゟ当二日之書状来、安左衛門事、今般御懇意之上、於御居間、御用人役被仰付候由、物頭兼帯被仰付、目付役寺社儀ハ御免之由、知セ申来、おゆせゟも文遣、其外無別条、節句前殊外賑ニ相祝候旨申来十四日晴十五日晴御礼相済、御家中御吸物被下、右ニ付麻上下ニ而罷出一廿一日被為入候節差上候御献立、御嫌之品も可有之哉ニ吉大夫江内々ニ而為見候処、暫間有之、随分此通ニ而宜候旨申聞候一御納戸并御台所ニ而拝借候品々、御料理人坊主・御椀方・御酒方小間遣之事、書付吉左江打渡一渡部方之内其方通被下済候段、諸向江申渡有之

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です