A60翻刻
49/102

右棚錺・生花共、奈良丈右衛門相頼廿二日晴九時過ゟ吉左江罷越、諸事昨日之通敷台江罷出、座敷江御案内、御盃之節、家内御目見之節御取合申上廿三日雨惣右衛門方、両日之通被為入候節、敷台江罷出一川端江被為入、暮過御立、其節敷台江罷出廿四日一吉大夫・忠治・丈右衛門江此間之世話為礼、塩肴一種ツヽ遣一小紙弐束、和左衛門、たはこ壱斤ツヽ、理右衛門・仙斎、百文小間遣廿五日折々雨一御社参ニ付、麻上下着罷出、御出御入共ニ御目見一来月十一日ゟ御巡見御出候筈、尤其節御供御用捨被仰出一江戸江差込出被為入候御花鉢差上

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です