A60翻刻
63/102

尚又申遣○ 岩村・挙母江一昨日着候返事、岩村江牧太病躰不審之義、且沢井市郎兵衛・細井左右次江も病躰委敷承度旨申遣、お律不快之事、お藤江申遣、挙母江江も右同様申遣、牧太病気候事も不審之趣申遣一大坂ゟ直右衛門罷帰、松前屋ゟ唐兵・九左帷子、手前帷子・小手拭十七遣十日晴八時ゟ雷雨一六半時御供揃、真賀之方江御巡見御出被成候、中ノ口ゟ御出ニ付、同所江罷出一男女積銀相渡十一日陰一川水満水ニ付、御渡川難成、真賀江御止宿被成候旨飛脚、今晩六時前来、自是も石取今朝遣昨夜中御止宿之御様子相知候付、御夜具□ □ □ 、御台所諸色遣利左衛門石取遣一暮時御機嫌能被遊御帰候、御供中江御酒被下之十二日晴一吉左今日出勤有之候おさと見廻うきふ持参、惣兵衛内ゟ梅鰹遣、

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です