A60翻刻
64/102

塚谷屋ゟ浜焼鯛壱枚遣刺鰆二刺ツヽ塚谷屋・宝来屋ゟ、素麺玉屋ゟ遣お律同病ニ付、今日ゟ通安薬相用町払相渡十三日晴一通安江銀六両、道庵江銀三両遣一助為御使被成下、病婦被成御尋候為御礼罷出、吉大夫江申上十四日晴お律人参少々用可然旨通安申候付、今日ゟ相用、壱分五厘、夜中此上気掛候而ハ難成、別煎加減剤壱匁ツヽ加入相用一江戸江差込仕出有之、佐藤江状遣十五日御礼無之候得共、肩衣着罷出今日も同断相用、未気力不直、十六日晴お律今日も同篇食事進兼候十七日晴同人同篇之由、重不快候一源吾明日御用有之、出仕之義剪紙来十八日晴兔毛御礼申上候付、麻上下着罷出、於御居間源吾御役料三人扶持被下候旨被仰含一お律段々快一助御使ニ而御尋被成下、葛切一重被下置、酉刻為御礼罷出、忠治江申達

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です