A60翻刻
65/102

一為立振廻、惣右衛門座敷江唐兵・吉太・兔毛・仁左・通安、七時過ゟ招、前酒・吸物・肴三種・玉子飯、四時済、通安江小手拭二、茂七江晒帯地遣十九日晴今晩仕廻、差込常仕出□ 、源吾御礼状、佐藤・渡部江状遣御隠居様若殿様江申上、お律先月十八日御屋形江被為召、被下物御礼文常便ニ申遣九左江書状遣○ 岩村ゟ文来、牧太段々快候由、養子願書差出候旨申来一お律段々快、食事進出源吾・おりく同病一差込来、五郎右ゟ答来、直ニ再答申遣九左ゟ状来、直ニ答申遣廿日晴一痢除御薬被下之、惣躰御家中江も被下候一明日寸翁年回之由、野茶代銀子遣廿一日晴仁左ゟ餅来廿二日晴御発駕御祝儀之御吸物、於御前被下之、其上縮御帷子被下之、麻上下着、九時過罷出一杉原巻紙三・生すき七・鮎披九吉太江遣、杉原三・生すき七唐兵衛江遣、晒肌着一仲江、助立帰ニ付手拭二、仁左・兔毛・石内丈右衛門江遣

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です