A60翻刻
67/102

廿七日陰夜中大雨お鏛弥快、食も進候廿八日晴明日貞安初七日ニ付、野茶代銀壱匁四分遣廿九日晴貞安初七日ニ付、化生寺江代参遣、香典銀壱匁三分遣一江戸江差込仕出、御発駕御祝義文佐藤江頼遣大坂江仕出、惣右衛門・九左江状遣、はらかけ松前ヤ江戻し糸遣、手前ゟ松前ヤ江通帳遣、帯地申遣晦日晴大坂ゟ飛脚戻ル、九左ゟ状来、茶漬茶碗・客茶碗十遣八朔晴御礼例之通日食ニ付、五時揃一神前江供膳二日晴一大坂ゟ戻リ飛脚着、江戸十八日出佐藤ゟ答、五郎右ゟ見廻状有之、遠山ゟ答、梅干・盃・やくわん調遣三日晴一明朝秋元林八大坂江出立ニ付、惣右衛門・九左江江状遣、九左江盃戻ス、松前屋江うこん絹切申遣、九左江小梅干申遣田中七右・石部五三郎江返書遣四日晴

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です