A60翻刻
8/102

御祓遣十日朝之内雨昼ゟ晴十一日晴今朝五時御具足御祝儀出仕、熨斗目着御嘉例之通相済、於御用所勘定初、絹布羽織袴ニ而罷出相済、相引候而而手前具足祝義例之通今晩罷来ニ付、此右衛門・常八呼候付汁粉為給候、平岩三郎右衛門・源吾ゟ呼候而汁粉・吸物為給候一七時ゟ吉左父子・茂蔵被参、勝手取持、唐兵・仲助暮六時過被帰皮むき魥吸物へき柚りうきう鯉子付平作あわひ才ノめ小かまほこくにしめ長皿白くらけ汁硯ふたゆへし色付くわいくねんほときのり塩いりくるミわさひ黒たけかさ飯たいらき猪口いり酒坪皿五分切セり漬しめし

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です