A60翻刻
82/102

一今夕九津見娘江為祝義、縮緬染帯一筋包のし添口上書遣、儀左衛門使ニ遣、儀左衛門江はな紙二束被送一今夜大坂ゟ六日出仕立飛脚着、江戸ニ而磯山様御死去之由、奥様御伯父様之由、大坂ニ而鳴物二日停止之由申来一惣右衛門ゟ状来、無別条申遣候、丸盆三枚遣、くわい・うるめ・若狭小鯛遣、此方ゟ遣候鮭無難ニ相届候由十一日晴一御家中・町方計隠穏触、今日ゟ三日一今日吉左家内夕飯ニ向江呼、夜ハ願済候祝有之筈之処、江戸御便ニ而祝相成不申候付、吉左家内計夕方呼申度、今朝源吾内々承合候処、平日之通ニ而何も可被参旨ニ付、其外ハ相止、祝ハ追而寄合之筈十二日晴陰小雨今夕自大坂人足壱人之先触来十三日晴大坂飛脚明朝戻シ、惣右衛門江答遣一大坂便有之、惣右衛門ゟ状・鰹一塩遣、松前ヤゟかのこ浅黄絹遣

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です