A61翻刻
5/24

右書付遣之渡辺家内遠山家内十三日雪無別条十四日同上源吾方ニ而非時御法事、化生寺入来唐兵衛招之金田二人、野田屋も同断十五日今日申渡有之候付、綿服・肩衣着用御物頭上席被仰付、地方・町方・御勝手方是迄之通可相心得候、新左衛門義老年迄重御役無滞相勤候ニ付、戸村源吾格段之思召を以其方江御役料十人扶持被下置候右御礼前申渡、御礼後居残リ、先達而出火之節之御役忠詞申渡先達而御普請所出火之節、火元ニ而骨折候段達六郷四郎左衛門頃御聴、太儀ニ思召候、此段申達候様被仰出候渡辺唐兵衛九津見兔毛火消方馬場権右衛門山村小弥太

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です