A62原本+翻刻
41/78

廿四日曇馬術・素読一昼九過、源五右衛門様御家内不残御出、昼御膳上ル、御料理ハ引落シ、尤服紗小袖麻上下着用一八過ゟ御屋形講訳廿五日晴一素読・鎗術出一南城又左衛門ゟ肴一折到来一今日史記会読ナシ一夕六半比大坂ゟ飛来、江戸ゟ十四日出来着殿様今以御勝不被遊候段申来、即剋作右衛殿ゟ呼ニ参リ罷越候処、九津見ゟ委細申越候段書面一覧一遠九・佐藤江呼レ、木山天王・明見・玉雲・熊野ニて二夜三日之御祈祷被仰渡有之、石惣も見へ、上ニ御勝不被遊段、表向存不申候ても不宜候ニ付、明日御不快之由軽ク一通リ達有之候様ニ佐藤被仰聞、無足人江ハ戸源ゟ申達候筈一渡五郎右御金用ニ付、大坂江渡唐同道ニて罷出候処殿様御不快ニ付急ニ出府いたし候様ニ江戸ゟ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です