A62原本+翻刻
45/78

廿九日晴公官披講馬術朝有之一今七時過、江戸ゟ六日切、大坂ゟ四日切到来殿様御病気御勝不被成候ニ付、御医師様江も御見セ給て有之候処、甚御六ヶ敷御様子申来、当月十七日出、即剋佐大夫江参ル、明日仕出ニて御機嫌伺書状御勝手御役人勿論表向迄差出候様ニ不忠御達有之一夜四時過江戸ゟ四日切、大坂ゟ二日半、江戸ゟ六日切、大坂ゟ三日切、同夜着、四日切ニハ当月廿一日暁寅中剋御卒去被遊候段申来、早速佐大夫江参此段申上候、未御機嫌伺も相済不申候ニ付、明日ハ五時前ニて表不残無足人迄出仕、御差重り之御機嫌伺相済、其後御卒去段被仰渡有之候由、御勝手御役人ハ同夜申上ル、御目付中も見ヘ申候

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です