A62原本+翻刻
5/78

正月元日曇一五時出仕、御嘉例之通御規式相済、於御書院、御熨斗蚫頂戴相済、畢而小頭・石取共御礼二日晴一今朝明見宮御代拝、作右衛門殿一御礼後読始、巻茶始ニ参、富永江鱈遣ス一四時過出仕、庄屋共御礼一金田市郎右衛門・金田宗左衛門下駄御免被仰付、熨斗目着用勝手次第被仰付、下駄御免被成候得共、家老・旗奉行・用人・町奉行・御役人ハ下駄ならす候、御医師・御普請奉行已下ハ御免被成候三日雪一今朝安養寺御代拝、作右衛門殿相勤候筈之処、持病之痛処故頼ニ付、私共両人之内申合相勤、自分相勤四日雨一四時社人御礼一今晩仕廻、江戸仕出、常差込共

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です