A62原本+翻刻
57/78

○ 下女両人共不精ニ付、旦杉浦忠兵衛と申者娘ヲ今朝ゟ頼置○ 大坂飛脚戻ル六日晴風安養寺御代拝自分相勤○戸源今日町・近村廻リ、駕籠ニて相廻リ候由夜廻リ馬場権右衛門四前七日晴風四時出席○ 今日ヨリ米搗・薪□リ式、町方水車、山江薪取なと明日ヨリ御免申渡、面々江有之○ 筆致啓上候若殿様御朦中御機嫌御障不被成御座候哉、猶又為可奉伺御機嫌如斯御序之節此段御執成奉願候、恐惶ー四月八日之日付九津見吉左衛門様上々江差上ル、但シ慈性院様江ハ不及其義候○ 明日四時御機嫌伺有之候由佐藤氏注達○ 一昨夜雨天ニ付夜廻リ無之処、五過ゟ小雨相成候得共夜廻リ無之、御目付中ゟ誰レ夜廻リ番ニ候哉之旨佐藤氏ゟ尋有之候処、馬場権右衛之由申出有之、心得違差扣相伺候哉之旨下善迄申出候由、御中陰中之義追而御沙汰可有之旨及挨拶候由、詰席罷出佐藤氏江申達ス○ 今夕江戸ゟ御使有之、御法号於佐藤氏拝見奉称龍徳院殿前志州深誉智海無底大居士

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です