A62原本+翻刻
75/78

○ 月番御物頭岡田新右衛門、寺社方・町奉行兼罷出遠九、御普請奉行桝九御広間当番林三左衛門、皆々江書付今日相渡、委細御目付中扣有之故扣不申候○ 夏中古セいこ類着用いたし候段佐藤氏・御目付江咄置○ 夜廻リ山村小弥太四時前八日曇無別条○今日松原忠兵衛頼竈塗直ヲ頼、両日かヽリ候由○夜廻リ林三左衛門四前九日曇四比ゟ雨無別条、今夜天気悪敷夜廻無之十日雨今朝竜徳院様御四十九日ニ付安養寺御代拝自分相勤○夜廻リ三輪新吾四時前十一日晴今朝化生寺江参詣○ 昨晩なたね払候処七匆七分有之、但五十五匁之相場、即剋林助江褒美ニ夏塵平江五十文遣○ 明日ゟ御中陰明ニ付、相心得候様七日御用日ニ書付ニて序々江相渡ス、夜廻リも今晩切ニて、明晩ゟハ冬中風廻リ之通リ相廻リ佐藤氏江届有之候由○ 御便有之候迄ハ番所之時廻リ其外御普請方廻リ其外之廻リ之節、態々相廻リ候様被仰出候口上も此間之御用など被仰出、委細御目付衆方ニ別帳有之候由、あら増扣置○ 御かゝ様計化生寺江御参詣○ 江戸ゟ御便有之○ 夜廻リ渡辺九十九四時前夜廻リ今晩迄候間、明晩ゟハ冬中風廻リ之通、亭主ニ逢候事御家中共ニ今晩迄ニて相済、

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です