A60原本+翻刻
103/204

一今晩仕廻、大坂江飛脚出、松前屋江答遣廿八日陰夕晴御家中射的、旦矢場ニ而御覧、昼時吉大夫を以被仰出、旦江罷出ニ不及候旨被仰出廿九日晴御家中乗馬御覧、八時罷出、戻子肩衣着、七時相済一江戸十六日出御便有之一岡田彦二郎・辰弥次兵衛、昨夜参着、奥様十五日御袖留御着帯相済候旨一松前屋ゟ小手拭晒并さらし帯地遣晦日晴例刻戻子肩衣着罷出奥様御袖留御着帯恐悦申上岡田彦次郎ゟ硯蓋壱ツ、辰弥次兵衛ゟ風呂敷絹いと為土産遣、八時過両人参、吸物・肴三種・硯ふた・御酒出ス六月朔陰御礼、例之通相済二日雨奥様御祝儀御肴、目録ニ而差上、御吸物被下候ニ付、麻上下ニ而罷出一御吸物・御赤飯・御肴三種、於詰所被下之、其以前御前江罷出、御祝義申上、御吸物頂戴之節御出被成御意有之

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です