A60原本+翻刻
113/204

一鹿田御泊江伺御機嫌、飛脚遣十三日晴四時和泉屋丈右衛門来、勝手江通シ何茂盃候一七時前御巡見御帰肩衣着、御書院次江罷出江戸常仕出着、望月先月廿一日不幸十四日晴一今晩仕廻、江戸江仕出、暑中伺御機嫌申上、お律ゟ例之通一佐藤・渡部・丹羽瀬・安池江状遣京都山脇・松下・田中江状遣、松下・田中ハ那波江頼遣、山脇ハ安兵衛江頼遣○ 岩村・挙母江状仕出、坪井ゟ状来、返書遣、今夕仕出延引一京小川通二条上ル町、那波九郎左衛門一暮時ゟいつミヤ丈右衛門呼、茂右衛門相伴、麦飯振廻、座付、吸物出、夜九時帰、勝手ニ而咄、和泉屋新蔵・新助ゟ鰹節一箱、錫茶碗花入、丈右衛門持参一今夕笠岡坪田唯右衛門着、使遣十五日晴御礼例之通一坪田唯右衛門今朝来、座敷江通シ、肩衣着、

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です