A60原本+翻刻
125/204

一江戸先月廿四日出来五郎右ゟ状来、常便も来、所々ゟ暑気見合状来一神部馬瀬大夫ゟ書状来、那波ゟ先日之答来○ 挙母ゟ先月十三日出之書状来、無別条、岩村ゟ先月十三日之状来、牧太病気ニ付、岩村江被差戻候由、十三日致帰着候旨、持病之積強差込取登セ候趣、上ゟ被仰渡之書付も遣、格別家筋之義ニ候得ハ全快未間候も可有之候得ハ、致養子家相続可仕趣ニ候旨由来一吉大夫奉行ニ而お律不快御尋被成下、田夫煮被下置候、早速罷出忠治迄御礼申上一茂蔵江為祝儀、塩鯔二本遣之、あノ方ゟ鮎一折来八日朝晴夕雨江戸ゟ差込便有之、五郎右ゟ状来九日朝陰昼ゟ晴夕雷雨今晩仕廻、仕出有之、五郎右江返書遣、牧太事、江戸ニ而之様子手筋有之、とく聞合被申越候様頼遣一松前ヤ江盆前仕切銀三百五匁六分遣、九左帷子代弐拾匁弐分ハあノ方ニ而請取候様ニ帷子事、未仕出不申上候、九左江相渡候様ニ且唐兵帷子之事

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です