A60原本+翻刻
133/204

一半治・常八・林蔵江木綿手拭とさらし二ツ遣、今夕飯給させ候一惣右衛門江肴代銀壱枚遣廿三日晴一今日御目見衆有之、肩衣ニ而罷出津山ゟ十七日出候文来、無別条一南又左母今昼卒廿四日晴一例刻肩衣ニ而罷出、七時麻上下ニ而罷出、御盃頂戴一此度お律病中度々御懇意御尋折々拝領物被仰付候、御礼吉大夫江申達、御肴差上之御肴有合不申、御台所ニ而拝借惣右衛門・貞右・仲・助暇乞来、吸物・酒盃事廿五日晴昼過ゟ雨今晩七半時御供揃、六時過御発駕、麻上下ニ而出仕、御広間下座敷江罷出惣右衛門・貞右も御供ニ而出立○岩村・挙母江状仕出、惣右衛門便ニ遣一今晩仕廻、差込出候付、佐藤・渡部江状遣、御祝義状ハ近便ニ遣候筈おりゆ・おしやう昨晩引越、おしやう快、源吾夫婦も快廿六日晴一津山迄人馬附添参候石取共罷帰、御機嫌能津山江御着、御供中無別条之由

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です