A60原本+翻刻
161/204

一九津見江縁組被仰出候祝義、肴代弐匁弐分、包のし添、口上書ニ而、今夕遣四日晴五日晴八時過ゟ九津見父子・御目付両人同道、川向庵江参、夫ゟ野田屋彦九郎宅菊見物ニ罷越、隠居家ニ而吸物・肴種々出、暮時分ゟ表座敷江参、茶漬と申候而膳出、一汁五菜、夫ゟ膳引候而吸物二・御肴三四種出、四半時過罷帰六日晴お律・おりゆ・お鏛、神林寺江詣一明夕七時ゟお栄江江酒振廻申度、おさと同道被参候様ニ文遣候処、可参旨返事有之七日晴玄慎相祝、夕飯向両人一七時ゟおさと・お栄・おきん被参、一汁三菜・引着・吸物・肴二種、夜五時過迄一大坂飛脚戻、惣右衛門ゟ状来、松前屋ゟ羽織染出来申遣候、帯地遣、白龍香遣一江戸便有之、佐藤・渡部ゟ状来、安左衛門着府候旨、五郎右江早速為知候由八日晴八半頃ゟ九津見江皆々参、夜九時分迄罷仕、上るり・舞有之、右ニ付、両方ゟ肴寄合ニ遣

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です