A60原本+翻刻
171/204

一七時過麻上下着、為暇迄罷越、吸物出、暮前罷帰一九時過出立之由、為見立源吾夫婦子共・おしやう参、九ツ打候と出立、儀左衛門勝手江遣置廿一日小雨吉左為御礼被参、自是為歓罷越廿二日朝小雪晴一大坂飛脚戻ル、惣右衛門・九左・仲ゟ状来、美濃紙三帖切芥・小茶碗来廿三日今晩ゟ雪弐寸余積、終日折々雪、一兔毛家来、明日大坂江罷帰候付、仕出有之、惣右衛門江昨日着候答遣、湯殿絵図遣之、九津見江十九日被下物御使之事申遣一江戸十二日出来奥様段々御肥立被成候由、佐藤・渡部ゟ返事来一夜中雪廿四日昨夜雪今朝三寸余積廿五日晴廿六日晴陰一笠岡ゟ飛脚来、唯右衛門ゟ真鴨一羽遣、惣右衛門留主江養子願済、為歓たい一ツ・飯たこ遣、源吾江鯛一・飯たこ来

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です