A60原本+翻刻
173/204

一九津見中間、今晩鳥取ゟ帰着、婚儀首尾好相済候由為知申来、即刻儀左衛門歓使遣廿七日晴今朝九津見江江肩衣着、祝義ニ罷越、夕方お律・おりゆ・おきた・おしやう罷越一今晩仕廻、御銀仕出、惣右衛門・九左江状遣、作右・五郎右江之状、惣右衛門江頼遣一九津見御礼名代ヲ以申上、貞右相頼候旨申遣、佐藤江九津見娘江被下物、婚姻済候義申遣一今夜ニ入、栄七鳥取ゟ帰、随分様子宜候由廿八日晴一九津見江婚姻整候祝義、魥一折二・指樽一荷、竪状ニ而儀座衛門使ニ遣、吉左為礼被参、明夕七時分ゟ家内不残参候様被申候、御内方も為礼被参一大坂ゟ飛脚戻ル○ 岩村ゟ当五日出之状罷届、無別条廿九日雨今朝九津見江八郎左衛門御使ニ而、御肴一折・鯛二枚被下之一渡部権蔵跡式申渡有之

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です