A60原本+翻刻
181/204

十六日晴陰今朝又左来、御酒振廻一七時ゟ吉左父子部屋江招、御酒振廻、六半比被帰候、勝手江彦九郎参十七日陰腰痛ニ付、御用所不参十八日晴一今晩仕廻、大坂江仕出、惣右衛門江状并こり一・釣柿・納豆遣九左・唐兵江答遣一書状仕廻候処、大坂飛脚着、惣右衛門ゟ状来、加納ニ而願先月廿九日相済候由、此方江相談候上、飛脚便ニ而祝儀遣候旨、樽肴代五百疋、三吉江同弐百疋、新八郎家内江樽肴代遣可申旨、加納ニ而願相済候日ゟ戸村を名乗候旨、変名之義直記と改させ可申、今一ツ考可申遣旨、来春二月末新八郎用事ニ付致出坂候付、其節三吉同道引渡可申旨、引取并婚儀整候節、九左夫婦頼候旨承知候由申来、海丹・かまほこ来一九左ゟ状来、右惣右衛門相頼候義承知候旨申遣、唐兵ゟ状遣、からすミ

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です