A60原本+翻刻
37/204

聞合之上相談有之候様申遣○ 岩村・挙母江返書仕出松前屋江黒羽二重ぬい紋□ 袖遣一松前屋江先達而申遣候、諸かゝ表上下紋所間違之義申遣一江戸二日出差込来大坂御加番二日ニ被蒙仰候由申来、惣右衛門義、御入部御供、大坂御用懸同所勤番被仰付候、作右衛門暫江戸勤番、吉左衛門・惣右衛門向後代リく江戸勤番被仰付候佐藤江内談申遣候答来、願差出可然旨申来一又左衛門退役御差留有之候一塚谷屋ゟ祝義之餅遣一御銀宰領罷帰、松前屋ゟ返事遣、加賀表松之ヤ上下之事承知申遣十八日陰江戸御便ニ付、御用所江罷出一八時過吉左江罷越、願書案文持参、内談存寄申達、明日願書差出可申段申達

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です