A60原本+翻刻
55/204

御座旨被仰出候段、吉左被申聞候、早速御礼吉左江参申達一惣右衛門ゟ状来、常仕出も着、所々ゟ年始状来一河内屋藤蔵江夜食、蕎麦切相伴、唐兵・仁左一曄輪院様ゟ年始御肴代被下候、利左衛門奉礼来十八日晴一藤蔵今日出立十九日陰一今夕仲江花見、皆々罷越一今晩仕廻、江戸江差込出、願書達御聴、被仰出候趣難有、御礼状両殿様江上ル、作右・惣右衛門江状遣、井狩江返事遣一松前屋江九左頼之夜着、表裏染申遣、帷子色上ヶ、晒三疋申遣廿日晴廿一日晴廿二日晴金田宗左衛門ゟ鯛壱ツ遣今夕部ヤ江皆々参、おりゆ・おしやう・おきせ・おとせ吉左江申遣被参、茂蔵・仲・勝手唐兵一式料理有之、八百多昨日ゟ不勝候付、九左

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です