A60原本+翻刻
75/204

○ 牧太ゟ書状并浅草のり・菜箸遣、惣右衛門便○ 挙母ゟ書状たはこ一箱来、先達而出候書状も大坂ゟ相届、一夜ニ入退出、惣右衛門江参、夕飯相祝一津山ゟ飛脚来、惣右衛門帰宅候歓、肴一種来、同人立寄後々出無之義申来明朝此方ゟ飛脚遣候付、勘解由出立祝候而塩鯔弐本遣、お十重弥収何等之障無之旨申来二日陰、八時ゟ雨、夜中雨一服紗袷・麻上下ニ而四時出仕、先達而御養子被為済候御祝義申上、御肴目録ニ而差上、御家中之面々出仕、御祝義申上、伺御機嫌申上一今晩仕廻、昨日之日付ニ而仕出有之、御着城御祝儀申上一曄輪院様ゟ越後縮壱反被下一御目見御養子御祝儀御直ニ申上、於御前御入部御祝儀、麻御上下二具被下置渡部助御使ニ而、お律江紋縮壱反被下、別為御礼、肩衣着罷出、吉大夫江御礼申上一曄輪院様ゟ御文被成下、お律江御小手拭・御扇子・御たはこ入被下、おりゆ江も

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です